暗号資産(仮想通貨)をウォレットに送金する方法【MetaMask】

  • NFT購入したいけど、暗号資産(仮想通貨)がウォレットに入ってない…
  • MetaMask(メタマスク)を登録したけど、その後どうすればいいの?
  • 暗号資産(仮想通貨)をウォレットに送金する方法が知りたい!

こういう方に役立つ記事となっています。

まだ「暗号資産(仮想通貨)取引所に口座開設できていない」「どこの取引所がいいのかわからない」という方は、『おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所比較』の記事をお読みください。

Rie

OpenSea(オープンシー)に登録したのはいいんですけど、ウォレットになにも入ってないからNFT買えません!

センパイ

今回はウォレットに暗号資産(仮想通貨)を送金する方法を解説するよ

さっそくNFTアートを始めたい!そんな方はこちらの始め方手順のまとめをどうぞ。

>> NFTアートの始め方手順まとめ【準備】

目次

ウォレットとは暗号資産(仮想通貨)用のおサイフ

ウォレットとは、暗号資産(仮想通貨)用のおサイフのことです。

センパイ

NFTを購入するときの流れは次の通りです

STEP
暗号資産(仮想通貨)取引所に口座開設する

NFTは日本円やクレジットカードで購入することができません。

暗号資産(仮想通貨)のイーサリアムが必要になりますので、暗号資産(仮想通貨)取引所に口座開設を行いましょう。

>>暗号資産(仮想通貨)取引所に口座開設するやり方【画像で解説】

STEP
暗号資産(仮想通貨)取引所でイーサリアムを購入

暗号資産(仮想通貨)取引所に口座開設ができたら、いよいよイーサリアムの購入です。

購入には『取引所』と『販売所』の2つのやり方があります。

>>暗号資産(仮想通貨)はどのタイミングで買う?購入方法や手順を解説

STEP
ウォレットを作成する

暗号資産(仮想通貨)用のおサイフを持っていないと、NFTを購入・販売することができません

オススメのウォレットはMetaMask(メタマスク)です。

>>暗号資産(仮想通貨)のウォレットとは?作り方の手順を解説【図解】

STEP
NFTマーケットプレイスに登録

NFTマーケットプレイスとは、NFTの購入・販売ができる市場のようなところです。

世界最大のNFTマーケットプレイス、OpenSea(オープンシー)に登録しましょう。

この時、ウォレットがないと登録できません。(中身は0でも大丈夫)

>>NFT販売購入の第一歩!マーケットプレイスOpenSea登録方法

STEP
イーサリアムをウォレットに送金

イーサリアムをウォレットに送金します。

この次の章で、暗号資産(仮想通貨)取引所からMetaMask(メタマスク)への送金方法を解説します。

センパイ

手順通りやればカンタンだから、図解見ながらやってみてね

暗号資産(仮想通貨)取引所からMetaMask(メタマスク)への送金方法

暗号資産(仮想通貨)取引所で購入したイーサリアムを、MetaMask(メタマスク)へ送金するやり方を解説します。

MetaMaskのアドレスを確認する

まずは送金するMetaMask(メタマスク)のアドレスを確認します。

STEP
MetaMask(メタマスク)に接続

MetaMask(メタマスク)に接続します。パスワードを入力してロック解除をクリック。

STEP
アドレスをコピーする

MetaMask(メタマスク)のアドレスをコピーします。やり方は2つ。

メイン画面でコピー

メイン画面の上部真ん中の部分をクリックするとアドレスをコピーできます。

アカウントの詳細からコピー

メイン画面の右上のタテ3つならんだ点々をクリックし、アカウントの詳細をクリック。

QRコードの下のエリアをクリックするとアドレスをコピーできます。

ウォレットのアドレスを登録する

続いて暗号資産(仮想通貨)取引所に、ウォレットのアドレスを登録する方法を解説します。

STEP
暗号資産(仮想通貨)取引所にログイン

暗号資産(仮想通貨)取引所にログインします。私はGMOコインなので、その画面を使って解説します。

STEP
入出金画面にいく

入出金画面にいきます。GMOコインでは、『入出金』→『暗号資産』をクリックします。

銘柄選択で『イーサリアム』をクリックします。『送付』タブを開きます。

STEP
宛先の追加

宛先の追加を行います。『新しい宛先を追加する』をクリックします。

『イーサリアムアドレス』に、さきほどコピーしたウォレットのアドレスを貼り付けます。手入力は絶対にしないこと!

『名称』は、わかりやすいものを入力してください。

STEP
宛先登録の認証

登録しているメールアドレスに認証メールが届きます。本文中のリンクをクリックして完了させましょう。リンクの有効期限は10分間です。

『認証を完了する』をクリックします。

STEP
宛先が追加されているか確認

認証が完了したら、宛先が追加されているか確認しましょう。

暗号資産(仮想通貨)取引所からMetaMask(メタマスク)へ送金の手続きをする

送金準備が終わったら、暗号資産(仮想通貨)取引所からMetaMask(メタマスク)へ送金の手続きをしましょう。

STEP
必要事項入力

まず宛先を選択します。送付金額を入力し、『SMSで2段階認証コードを受け取る』をクリックします。

コード番号を入力して『確認画面へ』をクリックします。

STEP
送付内容確認

宛先や送付金額をよく確認します。特にアドレスを間違えると資金は戻りません。コピー&ペーストしているので大丈夫だとは思いますが、少しでも違和感があれば戻って確認しましょう。

よければ『実行』をクリックします。

STEP
取引状況を確認

『取引履歴』をクリックすると、取引状況がわかります。

ステータスが『受付』となっているのは、まだ送金が完了していない状態です。

『トランザクションID』の青い文字列をクリックすると、取引状況がリアルタイムで見られます。

完了したら『取引履歴』でステータスが『完了』になっているか確認しましょう。

MetaMask(メタマスク)にイーサリアムが入っているか確認する

暗号資産(仮想通貨)取引所の取引履歴に取引が『完了』と表示されたら、MetaMask(メタマスク)にイーサリアムが入っているか確認しましょう。

MetaMask(メタマスク)から暗号資産(仮想通貨)取引所への送金方法

MetaMask(メタマスク)にあるイーサリアムを日本円に換金したい場合などは、いったんイーサリアムを暗号資産(仮想通貨)取引所へ送金しなければなりません。

ここではMetaMask(メタマスク)にあるイーサリアムを、暗号資産(仮想通貨)取引所へ送金するやり方を解説します。

預入用イーサリアムアドレスの確認

STEP
暗号資産(仮想通貨)取引所にログイン

暗号資産(仮想通貨)取引所にログインします。

STEP
預入用イーサリアムアドレスの作成

入出金画面にいきます。『入出金』→『暗号資産』→銘柄選択で『イーサリアム』をクリックします。

『預入』タブを開きます。『預入用イーサリアムアドレスの作成』をクリック。

STEP
預入用イーサリアムアドレスをコピー

『イーサリアムアドレスをコピー』をクリックしてコピーします。

暗号資産(仮想通貨)取引所の預入用アドレスを登録する

STEP
MetaMask(メタマスク)に接続

MetaMask(メタマスク)に接続します。パスワードを入力して『ロック解除』をクリック。

STEP
預入用アドレスを貼り付け

『送金』をクリックします。『送信先』に、さきほどコピーした預入用アドレスを貼り付けます。

STEP
預入用アドレスを登録する

『アドレス帳に追加するにはここをクリック』というところをクリック。

『ニックネームを追加』をクリックします。

わかりやすいニックネームを入力します。必要であればメモ欄にも入力して『保存』をクリックします。

MetaMask(メタマスク)から暗号資産(仮想通貨)取引所へ送金の手続きをする

STEP
送金先を選ぶ

MetaMask(メタマスク)のメイン画面から『送金』をクリックします。

さきほど登録した預入用アドレスが表示されますので、それを選択します。

STEP
送金する金額を入力

送金する金額を入力して『次へ』をクリックします。

STEP
ガス代を確認して送金する

ガス代が表示されます。よければ『確認』をクリックします。

送金するときの注意点

送金するときの注意点は以下の3つです。

送金手数料を考える

送金には『ガス代』と呼ばれる手数料がかかってきます。

暗号通貨(仮想通貨)取引所によって、手数料の値段も違いますので、そのへんも見極めて選びましょう。

>>暗号資産(仮想通貨)取引所口座への日本円入金は手数料を考えよう
>>暗号資産(仮想通貨)の取引手数料が安い取引所【種類別に比較】

送金に時間がかかる

送金手続きをしても、なかなかステータスが完了しないことがあります。これは、取引が大量に行われて送金に時間がかかり、送金詰まりが起こっている状態です。

基本的な対処法は、完了するまで待つか、手数料を上乗せして手続きをし直すかです。

【重要】ウォレットアドレスを間違えると資金は戻ってこない

一番重要なのは『ウォレットアドレスを間違えないこと』です。

もし間違えたウォレットアドレスに送った場合、あなたの資金は消えてしまい、戻ってくることはないでしょう。

これはブロックチェーンが中央集権的な管理ではなく、分散管理されているからです。

間違って送ってしまったものは、誰にもどうしようもないのです。

ですので、ウォレットアドレスは間違えないことが重要なのです。

対処法は以下の3つです。

  • アドレスは手入力せず、コピペする
  • 送金は少額から試してみる
  • 送付先は名称をつけて登録する

細かいことですが、大切な資金を守るためにも気をつけていきましょう。

まとめ:送金は難しくない※ただし注意は必要!

暗号資産(仮想通貨)をウォレットに送金する方法を、MetaMask(メタマスク)の画面を使って解説してきました。

送金は手順通りやれば難しくありません。

ただし注意は必要ですので、気をつけながらやっていきましょう。

NFT始めるにはなにを準備すればいいの?という方はこちらにまとめています。

NFTアートの始め方手順まとめ【準備】

目次
閉じる